Discography
マークの曲は試聴出来ます。





○ 出演 ○

花岡 詠二(クラリネット)
パオロ アルデリギー(ピアノ)
小林 真人(ベース)
ブルックス テグラー(ドラムス)


○ このCDについて ○

今までスイングを中心にディキシー、カントリーのCDを制作してきたが、追悼の意味も含めデフランコを意識したやゝモダンなアルバムを作ってみた。

1. Oh, Lady Be Good 

2. The Man I Love

3. Who Cares?

4. Summertime

5. You Are My Melody 

6. Blues For Buddy

7. Someone To Watch Over Me

8. A Foggy Day






○ 出演 ○

花岡 詠二(クラリネット)
武田   将(ヴァイブラフォン)
佐久間 和(ギター)
パオロ アルデリギー(ピアノ)
小林 真人(ベース)
ブルックス テグラー(ドラムス)

○ このCDについて ○

クラリネット、ヴァイブ+4リズムという典型的なスイング・コンボの編成で1939年頃のグッドマン・セクステットをイメージした構成になっている。

1. Rachel's Dream

2. Liza

3. Georgia On My Mind

4. I Got Rhythm

5. My Melancholy Baby

6. It's Easy To Remember

 7. Dinah

 8. Honeysuckle Rose

 9. Shivers

10. The Things We Did Last Summer

11. You Do Something To Me

12. Stealin' Apples

(BONUS FEATURES)
13. In The Royal Hawiian Hotel






○ 出演 ○

花岡 詠二 : Cla
白石 幸司 : A.Sax&Cla
Antoine Trommelen(オランダ) : T.Sax
鈴木 直樹 : A.Sax&Cla
渡辺 恭一 : T.Sax&Cla
岸   義和 : Tp
Malo Mazurie(フランス) : Tp
鈴木 正晃 : Tp
Bert Boeren(オランダ):Tb
内田 光昭:Tb
佐久間 和 : Gt
Paolo Alderighi(イタリア) : Pf
小林 真人 : Bass
Brooks Tegler(アメリカ) : Dr

○ このCDについて ○

2009年はベニー・グッドマン生誕100年につき、世界中で色々なイベントが催された。
その中で当方も各国からスイング・ミュージックの名人を集め、“インターナショナル・スイング・オーケストラ”と題しカメリア・ホールで開催したコンサートのライヴ録音。

1. Don't Be That way

2. Dear Old Southland

3. Sometimes I'm Happy

4. (I Would Do) Anything For You

5. Where Or When

6. Temptation Rag

7. Stompin' At The Savoy

 8. Down South Camp Meeting

 9. One O'clock Jump

10. Blue Lou

11. If I Could Be With You

12. Jam Session

13. Sing Sing Sing

14. Jumpin' At The Woodside






○ 出演 ○

花岡 詠二 : Cla & S.Sax
Antoine Trommelen : T.Saz
Colin Dawson : Tp
Bert Boeren:Tb
佐久間 和 : Gt
Paolo Alderighi : Pf
小林 真人 : Bass
Brooks Tegler : Dr

○ このCDについて ○

2009年はベニー・グッドマン、ジーン・クルーパ、ライオネル・ハンプトン等巨匠の生誕100年に当たる。 そこで今回は主にジーン・クルーパ(G・K)とベニー・グッドマン(B・G)を中心に狙いを定めてみた。

1. Discjokey Jump

2. Tea For Two

3. Love Is Just Around The Corner

4. Body And Soul

5. The Minor Drag

6. Wire Brush Stomp

 7. Makin’ Whoopee

 8. Air Jordan

 9. On The Sunny Side Of The Street

10. The Wang Wang Blues

11. Alligator Flop

12. Rock-a-bye Your Baby With A Dixie Melody

13. Who’s Got Rhythm






○ 出演 ○

花岡 詠二 : Cla & S.Sax
Antoine Trommelen : T.Saz
Colin Dawson : Tp
佐久間 和 : Gt
Paolo Alderighi : Pf
小林 真人 : Bass
Brooks Tegler : Dr

○ このCDについて ○

本CDは今までのジャズ史的観点から外れ、耳馴染みの名曲をリラックスしたムードで楽しめるよう企画構成してみた。とは云ってもまったくのイージーリスニングではなく、今回は26歳で夭逝したスウェーデンのクラリネット奏者 スタン・ハッセルガードを意識した部分も織り交ぜ、多少なりとも伝統の継承という本筋は残してある。

1. Lulu’s Back In Town(ルルが町にやってくる)

2. Just Squeeze Me(強く抱きしめて)

3. Dreaming Of Home And Mother(旅愁)

4. Over The Rainbow(虹の彼方に)

5. Desert Moonlight(月の沙漠)

6. Fly Me To The Moon(月へ飛ぶ思い)

 7. Someone To Watch Over Me(優しい伴侶を)

 8. Who Sleeps(フー・スリープス)

 9. Georgia On My Mind(我が心のジョージア)

10. Rose Roon(ローズ・ルーム)

11. Song Of The Beach(浜辺の歌)

12. Broadway(ブロードウェイ)






○ 出演 ○

花岡 詠二 : Cl & S.Sax
Antoine Trommelen : T.Sax
Colin Dawson : Tp
佐久間 和 : Gt
Paolo Alderighi : Pf
小林 真人 : Bass
Brooks Tegler : Dr

○ このCDについて ○

グラマシー・ファイヴ・ネタ。
他にミリオン・セラーを記録した「ビギン・ザ・ビギン」、「スター・ダスト」等ビッグ・バンドものも採り上げ収録した。

1. Hop,Skip And Jump(Artie Shaw, J.Carleton)

2. Stardust(Hoagy Carmichal)

3. Scuttlebutt(Artie Shaw, J.Carleton)

4. I Cover The Waterfront(John W.Green)

5. Moonglow(Will Hudson)

6. My Blue Heaven(Walter Donaldson)

 7. The Grabtown Grapple
       (Artie Shaw, B・Harding)

 8. Smoke Gets In Your Eyes(Jerome Kern)

 9. Back Bay Shuffle(Arite Shaw, Teddy McRae)

10. Begin The Beguine(Cole Porter)

11. Mori No Komichi 森の小径(灰田晴彦)

12. Indian Love Call(Rudolf Friml)






○ 出演 ○

花岡 詠二 : clarinet
出口 辰治 : vibraphone
東   文明 : piano
向里 直樹 : guitar
青木 喬嗣 : bass
楠堂 浩己 : drums

○ このCDについて ○

クラ、ヴァイブ+4リズムという典型的なベニー・グッドマン・コンボを範にグッドマンの十八番、 そしてクラリネット・ヒット・チューンを収録。
ステージのライヴ録音のため荒削りなところも見受けられるが、スタジオ録音には無い勢いがあり生きた音になっている。

1. Bei Mlr Bist Du Schon(素敵な貴方)

2. Who's Sorry Now(フーズ ソーリー ナウ)

3. Avalon(アヴァロン)

4. Memories Of You(あなたの想い出)

5. Isle Of Capri(カプリ島)

6. Airmail Special(特別航空便)

7. Undecided(未決定)

 8. Petite Fleur(小さな花)

 9. Sweet Georgia Brown
       (スウィート ジョージア ブラウン)

10. Moonglow(月の光)

11. Flying Home(家路への急ぎ)

12. Stranger On The Shore(白い渚のブルース)

13. Back Home Again In Indiana
       (インディアナのお家へ帰ろう)






○ 出演 ○

花岡 詠二(cl,ts&as)
鈴木 直樹(ts,as,&cl)
高浜 和英(p)
Brooks Tegler(ds)
鈴木 正晃(tp)
佐久間 和(g,bjo)
小林 真人(b)

○ このCDについて ○

スイング時代はまさにビッグ・バンド・ジャズの時代である。多様なスタイルの演奏を3管のアンサンブルを中心に試みてみた。 初期のスイングから、スイート・ミュージック、そしてビー・バップの香りのするサウンドまで実に幅広い演奏が楽しめる構成になっている。

1. Coquette 

2. What Am I Here For

3. Swing Is Here

4. I'm Thru With Love

5. Harbor Lights

6. Bedlam

7. Blue Lou

 8. There's Yoo Hoo In Your Eyes

 9. Dream A Little Dream Of Me

10. Old Rob Roy

11. The Mooche

12. Mood Indigo 

13. Tickle Toe

14. Beale Street Blues






○ 出演 ○

花岡 詠二(cl)
ブルックス・テグラー(ds)
秋満 義孝(p)

○ このCDについて ○

ブルックス・テグラーの来日を好機に我国の偉大なスイング・ピアニスト秋満義孝さんに御登場願い 「プレイズ・ベニー・グッドマン・トリオ」と洒落込んでみた。実に気持ち良く吹かせてもらえた。 心地良いスイング感を楽しんで頂けたら幸いである。

1. Where Or When 

2. What Can I Say After I Say I'm Sorry

3. Have You Met Miss Jones?

4. Poor Butterfly

5. The World Is Waiting For The Sunrise 

6. Silhouetted In The Moonlight

 7. Rose Room

 8. I Must Have That Man

 9. Oh! Lady Be Good

10. To You Sweetheart, Aloha

11. Idaho

12. Memories Of You






○ 出演 ○

花岡 詠二(cl,ts&ss)
出口 辰治(vib)
鈴木 直樹(cl,as&ts)
高浜 和英(p)
Brooks Tegler(ds)
佐久間 和(g)
小林 真人(b)
下間   哲(tp)
松岡 優慈(tb)

○ このCDについて ○

1930年代後半、ベニー・グッドマン・コンボのスターであったライオネル・ハンプトンはテディ・ウィルソン同様、 独自のレコーディング・セッションを行っていた。これらはジャズ史に残る名演として世に名高いスイングの傑作揃いとなっている。
本CDはプレイ・ライオネル・ハンプトンと題し大半をその時代のハンプトン・セッションに範を取り制作した。

1. Whoa Babe(ラリー・クリントン)

2. Dinah(ハリー・アクスト)

3. Moonglow(ウィル・ハドソン)

4. Ring Dem Bells(デューク・エリントン)

5. Midnight Sun(L.ハンプトン)

6. Avalon(ヴィンセント・ローズ)

 7. I'm Confessin'
     (ドク・ドワティ、エリス・レイノルズ)

 8. Sweethearts On Parade(カーメン・ロンバード)

 9. Haven't Named It Yet
     (L.ハンプトン、チャーリー・クリスチャン)

10. Memories Of You(ユービー・ブレイク)

11. Hot Mallets(Eiji Hanaoka)

12. Hey! Ba-Ba0Re-Bop(L.ハンプトン)






○ 出演 ○

花岡 詠二(clarinet)
出口 辰治(vibraphone)
高浜 和英(piano)
小林 真人(bass)
下間   哲(cornet)
Brooks Tegler(drums)

○ このCDについて ○

オランダのジャズ・フェスティヴァルで出会った花岡詠二とブルックス・テグラー。 ジーン・クルーパの再来といわれるブルックスと花岡詠二グループのゴキゲンなホット・ジャズ・セッション!!

1. Jubilee

2. Tin Roof Blues

3. Farewell Blues 

4. Singin' The Blues

5. South 

6. Russian

7. Stars Fell On Alabama

8. Indian Love Call

9. Back Home Again In Indiana






○ 出演 ○

花岡 詠二(clarinet)
出口 辰治(vibraphone)
高浜 和英(piano)
小林 真人(bass)
下間   哲(cornet)
Brooks Tegler(drums)

○ このCDについて ○

オランダのジャズ・フェスティヴァルで出会った花岡詠二とブルックス・テグラー。 ジーン・クルーパの再来といわれるブルックスと花岡詠二グループのゴキゲンなホット・ジャズ・セッション!!

1. Shine

2. Oomph Fah Fah 

3. Time On My Hands

4. Start Here

5. Oh, Lady Be Good

 6. Gee Bady, Ain't I Good To You 

 7. Talk

 8. Makin' Whoopee

 9. Oh, Baby!

10. I Surrender Dear

11. Boogie Woogie






○ 出演 ○

花岡 詠二 : クラリネット
出口 辰治 : ヴァイブラフォン
青木 喬嗣 : ベース
高浜 和英 : ピアノ
向里 直樹 : ギター
八城 邦義 : ドラムス

○ このCDについて ○

クラリネット、ヴァイブ+4リズムという典型的なスイング・コンボの編成で1939年頃の グッドマン・セクステットをイメージした構成になっている。

1. Dinah

2. I Never Knew 

3. Till Tom Special

4. Petite Fleur

5. Seven Come Eleven

6. Theme Of Twilight

 7. Every Loves My Baby

 8. On The Alamo

 9. In The Shade Of The Old Apple Tree

10. Strange On The Shore

11. Airmail Special

12. Memories Of You 






○ 出演 ○

花岡 詠二 : Cl&S.Sax
Antoine Trommelen : T.Sax&S.Sax
鈴木 正晃 : Tr
佐久間 和 : Gt
Paolo Alderighi : Pf
小林 真人 : Bass
Brooks Tegler : Dr.

○ このCDについて ○

甦るベニー・グッドマン・近代コンボの最高峰!
花岡詠二プレイズ・ベニー・グッドマン・セクステット

1. Air Mail Special

2. Breakfast Feud

3. A Smo-o-o-oth One

4. Wholly Cats

5. Undecided

6. Say It Isn’t So

 7. (I Would Do)Anything For You

 8. On The Alamo

 9. Seven Come Eleven

10. Stardust (Hoagy)

11. Gone With What Draft

12. Benny's Bugle






○ 出演 ○

ヘンリー矢板(Voc,gt)
花岡 詠二(Cl,sax&Pf)
下間   哲(Cor&Tp)
苅込 博之(Tb)
佐久間 和(Gt&Bjo)
加藤 真人(Bs&Tuba)
楠堂 浩己(Ds)

○ このCDについて ○

日本を代表するカントリー・シンガー、
ジミー時田を偲んで。
カントリー界のホープ、ヘンリー矢板ディキシー・ブルースを唄う。

1. Lovesick Blues

2. A Mansion On The Hill

3. Hey, Good Lookin'

4. Blueberry Hill

5. Right Or Wrong

6. Kaw-Liga

7. Kentucky Walts

8. Someday

 9. Half As Much

10. Yakety Sax

11. Ridin' Down The Canyon

12. Peach Pickin' Time Down In Georgia

13. Move It On Over

14. Cotton Fields

15. Mississippi Delta Blues

16. Take Me Home, Country Roads






○ 出演 ○

花岡 詠二:Cl & S.Sax
Bent Persson:Cor & Tp
Frans Sjostrom: Bass.Sax
Jacob Ullberger:Gt & Bjo
Paolo Alderighi:Pf
Brooks Tegler:Dr

○ このCDについて ○

ビックスを中心にその頃のサッチモ、ベニー・グッドマン等のホットなサウンドを当時の雰囲気を コンテンポラリーな感覚で再現してみた。
本CD一番の目玉はバス・サックスである。今やこの珍しい楽器は普段そうそうお目にかかれるものではなく、 専門プレイヤーもまず見当たらない。今回この楽器の世界的名手であるフランス・ショーストロム氏来日の機に、 この企画が浮上。シカゴ・ジャズ・スタイルによる一枚が完成した。
1920年代のホットでお洒落な時代を思い浮かべ乍楽しんで頂けたら幸いである。

1. At The Jazz Band Ball

2. If Dreams Come True

3. Knee Drops

4. Jazz Me Blues

5. Idolizing

6. If I Could Be With You

7. China Boy

 8. I’m Coming Virginia

 9. Old Fashioned Love

10. Down In Honky Tonk Town

11. The Man I Love

12. Louisiana

Bonus Track(another takes)

13. China Boy

14. At The Jazz Band Ball






○ 出演 ○

●花岡 詠二:S.Sax(カーブ), Cl & Pf
●エーセス・オブ・シンコペーション
  Robert Veen:S.Sax(ストレート)
  Tom Stuip:Bjo
  Paul Habraken:Sousa 
●出口 辰治:Vib
●Brooks Tegler:Dr

○ このCDについて ○

オランダのブレダ・ジャズ・フェスティヴァルで出会ったエーセス・オブ・シンコペーションと 花岡詠二、出口辰治、ブルックス・テグラーが参加してレコーディング。
ややノスタルジックな面を強調し唱歌や流行歌なども取り上げ、ハッピーなセミ・ディキシーランド・ジャズ風に仕上げている。

1. March Of The Old Town

2. The Boy From Seashore 我は海の子(小学校唱歌)

3. Si Tu Vois Ma Mere

4. The Light Of A Mountain Hut 山小舎の灯

5. Recado Bossa Nova

6. September Song 九月の歌


 7. Cielito Lindo

 8. Old Fashioned Love

 9. Missouri Waltz

10. CheBe

11. When It’s Lamp Lightin’Time In The Valley
  谷間の灯ともし頃

12. The Japanese Sandman